8月 2, 2014 at 1:21 PM • Posted in 未分類5年前の解 散 はコメントを受け付けていません。

国会閉会の最中で集団的自衛権の審議も十分の時間帯や衆参の予算、外交、防衛でも十分な審議を時間をかけてやるべきだと見ている。

後は舛添の都政混乱や外交についても、「貴様は外務大臣か?」と言いたいぐらいで、アントニオ猪木が北朝鮮に訪問についても大問題で、5年前の解 散総選挙で川田龍平が不倫調査島根浜岡原発を即稼働停止の行動を見せたり、山本太郎を担ぎ、国政に送り込ませた原因にはアントニオ猪木復帰には木村健吾親子、次に山本 太郎は川田龍平とつるんでいるのは眼に見えている。
舛添の新党改革党代表時代の政党資金横領で今の代表である荒井広幸にも疑いの目を見せている。荒井、二階、伸晃、河村、西川太一郎、中山弘子、近藤やよいと舛添を担いだ黒幕が眼に見えた気配は眼に見えた可能性はある。
終戦記念日間近に舛添リコール集会、署名活動の話も挙がっており、舛添を担いだ黒幕を追及や舛添都政で都議会ヤジ問題で新たなる問題も動画検証で 明確、猪瀬直樹については学生時代に左翼活動をしていた事も判明、猪瀬直樹と一水会や特洲会マネールートや更には一水会が鳩山由紀夫の講演に出席と安倍政 権への批判も見せているのも眼に見えた。

Sorry, comments are closed.