4月 6, 2014 at 1:54 AM • Posted in 未分類No comments yet

ほら。 3月29日に、福島県大熊町で震災が原因の遺体を収容しようとしたら、遺体の放射線量が高いため収容できなかったってニュースがあったでしょ?

あの基準を換算すると、旧基準(厳しいほう)でも130μsvなんですよ。
そう。 ちょっと余談だが、でこの理屈言うとCT検査受けたら検査後は絶対に体をシャワーで洗い流さなきゃいけないって事になっちゃうんだわ(爆笑)
そう考えると、いかに日本における放射線影響基準が厳しかったかって話になる。

そういうのをちゃんと説明すればいいのだが、政治(政府)はもちろん、行政や学者(原子力委員会や安全・保安院など)、企業(東京電力)どころ か、情報発信を仕事とするマスコミですらまともに報じているところが皆無だから、行き当たりばったりの生き方しかいしてない今の人間じゃ

こういうときに こそ必要な「正しい知識で正確な情報を見極めて行動する」ってことが出来ないから、意図的な風説流布に簡単に引っかかってそれを無駄に「拡散」させたりす るから、ますます混乱が広がるっていう悪循環。

まあ、 そう考えれば一番いいのは、情報公開が大前提だが、公式発表以外の風説を流布したやつ(確証なして拡散RTとかやっちゃう奴とか)は問答無用で逮捕すりゃいいんだけどねww

You must be logged in to post a comment.