5月 19, 2017 at 7:14 PM • Posted in 未分類身体 はコメントを受け付けていません。

男性だけにある前立腺という臓器はその成長や活動にアンドロゲン、即ち男性ホルモンが大変深く関わっていて、前立腺に現れた癌も同様に、アンドロゲンの働きによって成長してしまうのです。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの一種のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓に存在する解毒酵素の効率的な産出を促しているのではないかという可能性が明らかになってきたのです。
通行中の衝突事故や屋根からの転落など、かなり大きな圧力が身体にかかった場合は、複数の地点に骨折が起こってしまったり、複雑骨折に至ったり、ひいては臓器が負傷することもあり得ます。
鍼灸用の針を皮膚に刺してもらう、という物的な幾多の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスと呼ばれているいわば電気信号伝達を発生させるという考え方が浸透しています。
健康を推進するWHO(世界保健機関)は、身体に害を与えるUV-Aの極端な浴び過ぎが皮ふ疾患を招く可能性が高いとして、19歳未満がファッション感覚で肌を黒くする日サロを利用する行為の禁止を主に先進国に勧めています。
V.D.は、Caが体内に吸収されるのを助長する性能で広く知られており、血液中のCa濃度を操って、筋繊維の活動を適切に調節したり、骨を生成します。
気分障害のうつ病は脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなった結果、気分の落ち込み、不眠、なかなか抜けない倦怠感、食欲不振、体重減少、強い焦り、意欲の低下、そして重症の場合自殺企図など様々な症状が見られるのです。
1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値に深く関与しているβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったために、患者の膵臓から必要量のインスリンが出なくなって発症に至るというタイプの糖尿病です。
くも膜下出血(SAH)は90%近くが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管にできた不要なコブが裂けることが要因となって発症してしまう脳の病気として知られています。
筋緊張性頭痛はPC使用などによる肩こり、首こり、張りが素因の慢性頭痛で、「まるで締め付けられるような強烈な痛み」「頭が重いような頭痛」と言われることが多いようです。
3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を低下させたり突然変異を誘引する人体に対する有害物質を身体の内部で解毒し、肝臓の働きを強める特性が判明しているのです。
今、若年層で結核菌(けっかくきん)に対抗するだけの免疫力を保有していない人々が多くなったことや、受診が遅れることが素因の集団・院内感染が増加しているようです。
トコトリエノールの働きとしては抗酸化機能が一際有名ではありますが、それ以外に肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの生産を抑制したりするというようなことが言われています。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、毒力が非常に強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種類になります。
内臓脂肪症候群であるとは言われなくても、内臓の脂肪が溜まるようなタイプの肥満症に陥る事により、命にかかわるような生活習慣病を招きやすくなります。

Sorry, comments are closed.