11月 29, 2014 at 4:13 PM • Posted in 未分類足でまといとして扱われていた はコメントを受け付けていません。

王は盲目の非力な少女であるコムギをどうしても打ち倒せないことに憤りと焦りを感じながらも、『コムギの軍儀の 講釈・感想戦』を

受ける事に今までになかった高揚と心地よさを感じるようになるが、コムギを精神的に揺さぶるために『腕一本を勝負に賭けろ・お前が勝てば 何でも願いを叶える』という条件を突きつけた。
貧しい寒村で絶えず労働力にならない足でまといとして扱われていたコムギは、『軍儀』の世界に自分の人生のすべてを賭けるしかなかった境遇にあ り、 キャッシング 来店不要負ければ死ぬしかないと常に覚悟していたことから、王の申し出に対して『何も欲しいものはありません。
腕ではなく生命を賭けたい』と自ら願い出る。 王はコムギの軍儀への情熱と覚悟を甘く見ていたことを恥じ、自分の腕をひきちぎって謝罪すると同時に、今まで持っていた『臆病・強欲な人間像』の変更を迫るコムギの申し出を聞いて、弱くて脆い人間の中にもこういった無私の個体がいることにある種の興味・感動を刺激された。

Sorry, comments are closed.