11月 13, 2014 at 4:52 PM • Posted in 未分類社会主義 はコメントを受け付けていません。

「平等社会」ですが、言うまでもなくこれに完全を追い求めていくと、社会主義、全体主義になってしまうものと思います(且つ論理的にはそうであっても現実社会ではそうなっていませんが・・・・)。

「平等」を絶対価値で測れば、日本のみならず平等な社会は存在し得ませんので、あくまでも相対的に平等か否か、が判断基準であろうと思います。
その観点から申せば、日本は世界でも有数の福利厚生制度があり、高率の相続税他課税制度があり、まだまだ実力主義とは程遠い給与体系を残す会社が殆どであることを考えれば、闇金相談 横浜国際的に見て最も平等な社会の一つであることは疑いようもありません。
必要以上にあたかも全体的に格差社会であることを煽るのではなく、実際に貧困から苦労している方々を、個別具体的にどのように社会全体で救済していくのかが議論されるべきポイントであろうと思います。逆に格差格差と訴えるマスコミなどは、反政府運動がしたいだけに私には見えます。日本人同士で比較すれば貧困と勘違いしてしまうことはありますね、衣食住足りていて貧困って変なんですけど。

Sorry, comments are closed.