5月 8, 2014 at 10:36 PM • Posted in 未分類No comments yet

英語を読みこなす訓練と単語を学習すること、その両方の要件を重ねてやるようないい加減なことはしないで、単語を学習するならもっぱら単語のみを一度に覚えてしまうのがよいだろう。

英語そのものに独自の音同士の連なりがあります。こういった知識を認識していないと、どんなに多くリスニングをしても単語を聞き取ることが完璧にはできないのです。

英語の文法的な知識といった知能指数を高めるだけでは英語を話すことは難しい、IQに代わって英語のEQ(教育指数)を高めることこそが英語を使うためにとても必需品であると思っている英会話方式があります。

はじめに直訳することはせず、アメリカ人の表現自体をこっそり盗む、日本語の考え方で適当な文章をひねり出さない、日常的な言い回しであればその分語句のみを日本語に交換しただけでは自然な英語にならない。

自分の場合は、リーディングの勉強をたくさんこなすことによって、表現を蓄積してきたので、他のリスニング、ライティング、スピーキングといった技能は、個々に一般的な英語の学習教材を2、3冊こなすのみで足りた。

You must be logged in to post a comment.