4月 5, 2014 at 12:20 AM • Posted in 未分類No comments yet

私の住んでる地域の代議士の方も(自民党の方です)

だいぶ前、選挙の時の演説会を聞きにいったら、ものの見事に、あそこに道路を引く、ここにも道路を通す、という話しかありませんでしたあせあせ
で、たぶん、そうした状況がそれなりに成り立っていて、それで地方が潤っている間は、自民党の天下は続いてきたし、続いていくと思うんですよね。

ただ、国の財政も困った状態になっちゃいましたし、自民党自体が地方に利益を誘導することを支持基盤としてきた経世会から、よりネオリベっぽい清和会系に変質しましたから、もうこれから先は、あんまり地方に利益誘導ということも昔ほどは行われないと思います。

で、そうなったときに、「ちょっとひどい」程度では動かなかった人たちが、「本当にひどい!」と実感して、自民支持から野党支持に変わるかもしれませんよね!
実際、この前の参院選では、農村が民主党支持にだいぶ動いたことが、民主の勝利の原因になったと思います。

これからは、今まで自民の磐石の基盤だった農村部が、逆に野党の支持基盤に移行して、地方切捨てのネオリベ的な自民の政策を牽制する、っていう構図になっていくかもしれませんね。

成立しなかったことが、はじめて成立しうる余地がこの時代になってできてきたのかもしれませんw

You must be logged in to post a comment.