8月 2, 2014 at 1:29 PM • Posted in 未分類正社員と非正社員の違い はコメントを受け付けていません。

一方で、人材が流動することによって活性化する分野もあり、超高度な専門職や研究職では、逆にいつまでも雇用が保障されるようなぬるま湯環境だと成果 が出ないと思います。

次に、正社員化と言っても、単に身分が正社員になるだけでは意味がありません。正社員と非正社員の違いって、突き詰めると雇用契約期間が決まって いるかどうかだけです。
別に1日4時間しか働かないとか、土日しか働かないという正社員がいても良いわけです。
非正規との唯一の違いが雇用期間の限定の有 る無し、つまり終身雇用の有無なのですが、これだって企業が切りたくなったら無理な転勤を要求するなどができるので非常に不安定です。
なので、雇用の定着 を可能にするような補完的な政策が無ければ、単に正社員化しただけでは問題は解決しません。 さらに、思いっきり上の2つと矛盾しますが、企業が非正規化を進めてきた背景には、柔軟な雇用調整を行うことによって景気変動に対応できる企業体 質を作ってきたことにあります。これはこれで企業の立場からしてみると重要な競争力の一面であって、これを政策的に捨てさせるというのは競争力を削ぐ一因 となります。

Sorry, comments are closed.