9月 5, 2014 at 8:50 PM • Posted in 未分類東アジアと太平洋において はコメントを受け付けていません。

軍事的・外交的な観点から懸 念が生まれていたことも確かである。
また、北には革命期の混乱を克服したソ連が、

再び極東でも勢力を回復させつつあった。ソ連と中国共産党の思惑は、必ず しも一致していたわけではないにせよ、彼らが連携することで日本の大陸政策が危機に陥る可能性もあった。  
他方、日本国内では政党政治による指導力に限界が生じ始めていた。「建国の父」たる元老や、浮気調査 千葉政党を率いる強力なリーダーを欠くなかで、政府や内 閣のパワーバランスは微妙なものになっていく。
軍もまた、中堅将校の台頭と路線対立をめぐって統制が効きにくくなっていた。
そういう状況のなかで、日本と 中国は局地的な衝突を抑えることができず、全面戦争に突入していく。  
加えて、ソ連と対峙するか、南方に進出するかという軍内部の対立を抱えながら、米英とも戦端をひらき、太平洋戦争に向かったことも周知の事実である。 東アジアを直接的に支配する。西太平洋を勢力下に置く。そうした侵略的意図がないままに、結果的に東アジアと太平洋において戦争を行ったこと。

Sorry, comments are closed.