12月 3, 2014 at 4:43 PM • Posted in 未分類援助無ければ はコメントを受け付けていません。

司法修習生が社会に出る前に平均300万円、多いと1000万近い借金を背負ってしまう現実を問題提起した記事を基にします。 以前書いた内記のリバイバルです。

以前は「甘えんな」「お前らの研修代を払えるか」「大学生だって親から援助無ければそんなもの」など、修習生バッシングが目立ちましたが、今回はどうなんでしょう。
そもそも、司法修習生についての説明から。 大まかな概要、司法修習とはいわゆる「司法試験」合格者が1年間を受ける研修です。
この研修を終えて、 格安コンタクトレンズ通販弁護士・検事・裁判官の道に進みます。 少し掘り下げた概要 。
司法試験とはいわずと知れた難関資格です。
この試験の受験資格を得るにはまず、法科大学院(ロースクール)と呼ばれる大学院まで出る必要があります。この時点で学部時代とあわせて結構な費用がかかっています。 受験資格を得たとしても、いわずと知れた難関資格です。短期で合格するには相当な努力が必要でしょう。 難関資格を合格して初めて「司法修習生」になれます。 司法修習生はかつては給費と呼ばれる給与代わりのお金が出ました。

Sorry, comments are closed.