10月 14, 2014 at 3:17 PM • Posted in 未分類子育てできる社会 はコメントを受け付けていません。

もっとも、実際問題として親から捨てられた子供は社会ではタブー視される傾向がある。
日本は経済に特化した国なので福祉などは北欧などから比べると遅れている。

アメリカなどでは養子縁組が盛んで日本から引き取る海外の夫婦も多いのだそうだ。 ただ、水面下では養子縁組に規制を掛けようという議員たちもいて動いている。 このドラマの本当のエンディングは実は、我々一人が『親から捨てられた子供たち』をどう考え、思い、実行するかだと思っている。
実際の問題として母親の孤独に周囲が気が付かず虐待し、闇金 解決最悪死んでしまうことは今や珍しいことではない。
本当に幸福な終わり方は、この世界から親たちが安心して子育てできる社会になることだと私は考える。 ただし、そのためには、社会の在り様などを根本から変えることが必要であり、国民一人一人が覚悟しないと実現は永遠にできないだろう。
TBS 『Dr.DMAT』 正直、佐藤二朗さんと國村隼さん目当てで観ておりました。(オッサンと壮年好き) 知り合いの看護士さん曰く「あのドラマの主人公は判断遅すぎ」と言っていた。 浜辺祐一(濱邊祐一)さんと言う人がいる。 この人は東京都墨東病院ER(救命救急センター)という実在する病院の救命医だ。 その人がエッセーを書いている。(書いていた?) そこには、ドラマにできない話が多く書かれている。

Sorry, comments are closed.