8月 3, 2014 at 11:16 AM • Posted in 未分類大変非礼なこと はコメントを受け付けていません。

日本が死刑存置国と国際的に認識されるならば、日本は対国連や対欧州の立場が悪くなるので、韓国としては漁夫の利を得ることになります。

対内的には国民感情や儒教文化の伝統への配慮や、国家や軍に反逆する者に重罪を与えるために死刑制度存続。対外的には、国連対策や欧州対策のために死刑廃止国の仮面を株るダブルスタンダードにしているのが韓国ということです。
韓国に先んじて、日本が死刑廃止して刑法の近代化を図り、不倫調査 札幌国際社会において韓国よりも人道的な国家と名乗ることは、韓国に対して大変非礼なことになります。
また、死刑大好きな韓国系住民や朝鮮系住民の意向に反して、死刑制度を廃止することは難しいでしょう。
韓国の国会では、死刑存続か廃止かで、しょっちゅう廃止法案が上がっては廃案になっていますが、日本で戦後に死刑廃止法案が起案されたのは1956年の一回のみです。上記要素から考えて、韓国より先に日本で死刑制度が廃止になることはまずありません。逆に言うと、韓国国会で死刑廃止法案が通ったら、翌年に日本でも死刑廃止法案が起案される確率は非常に高いです。

Sorry, comments are closed.