10月 26, 2014 at 3:58 PM • Posted in 未分類可能性も含めて対応 はコメントを受け付けていません。

ヘイトスピーチは、単純に考えて、その場に居合わせた人々への威嚇行為でもありますから、薬物使用など精神に異常を来たした可能性も含めて対応すれば 充分に思えます。

税収が減ったならば、減った予算で立案する。
具体的な予算の振り分けは、つまり優先順位は、予算委員会で議論して決める。予算案が決まれば国会で採決を取る。それが民主的な政治のプロセスであろう。  
税収減による不足分を補おうとする発想の根底には、どうも猫糞の精神があるように思える。例えば、日頃から自腹で飲食しているサラリーマンは、ヤミ金対応 仮に収入が減ったとしても、懐具合と相談をしながら、いろいろと遣り繰りをして何とか飲食代を捻出するものであろう。一方で、会社の接待費で飲食するのが 習慣化したサラリーマンは、自腹で飲食するのが馬鹿馬鹿しいので、何とか上司や経理担当者へ泣きついて飲食費の確保に努めるか、下請け孫請けの会社に接待 を持ち掛けるような事を考えるであろう。

Sorry, comments are closed.