11月 5, 2014 at 1:35 PM • Posted in 未分類判定は覆らなかった。 はコメントを受け付けていません。

一連のプレーを冷静に見ていた白井球審は、西岡の走塁を守備妨害と判 定。併殺完成でゲームセットを宣告した。  もちろん、判定は覆らなかった。

毅然(きぜん)とした態度で抗議に対応した白井球審は、和田監督が引き下がった後に報道陣に詳細を説明した。西 岡は両足とも走路を外れ、ラインの内側を走っていたとし「明らかに守備を妨害してやろうというものを感じた。(西岡の体にボールが)当たった、当たらない は関係ない。片足でも(走路を外れたら)ダメです」と話した。  
プロ野球誕生から80周年のメモリアルイヤー。長い歴史で、おそらくこんな日本シリーズの幕切れは初めてだろう。
最後の最後に誰も予想できないドラマが待っていた。
予想通り4勝1敗で終了.でもよくサファテを変えなかったな(-_-) あの場面で変えずに選手に信頼を託した点は秋山監督のらしい漢の采配やったな(^-^)/ なんていうか今回の全試合落合中日とやりあってる時の阪神の試合を彷彿とさせる展開やったな(-_-) 秋山監督は3年前落合さんから実戦て形で叩き込まれた経験が活きた試合内容だった(-_-)

Sorry, comments are closed.