5月 25, 2017 at 12:10 AM • Posted in 未分類ヨーロッパ各国 はコメントを受け付けていません。

消化器科の領域である急性腸炎は、大抵は腹痛・吐き気・腹下しに見舞われる程度ですが細菌感染による急性腸炎の場合は壮絶な腹痛・繰り返す嘔吐・下痢と同時に38℃以上の高熱も出るのが通例だといえます。
アメリカやヨーロッパ各国においては、新しく開発された薬の特許が切れた4週間後には、製薬市場の約80%が後発医薬品に取って代わる薬もある位、後発医薬品(こうはついやくひん)は世界に親しまれています。
ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調査データによると、毎日2杯よりも多くカフェインレスのコーヒーを飲めば、なんと直腸癌の罹患率を0.52減少させたという。
子どもの耳管の仕組みは、大人の耳管に比べると太目で短めで、またほぼ水平になっているため、様々な菌が侵入しやすくなっているのです。小さな子どもがよく急性中耳炎を起こすのは、このためだと言われています。
音楽会の開催される会場やディスコなどに据えられている大きなスピーカーの真ん前で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなる症状を「音響外傷」と言うことをご存知でしょうか?
呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、数多くの研究の成果により、ワクチンの効果を望めるのは、接種の約2週間後から約150日ほどだろうということが判明しています。
心筋梗塞は心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭まり、血液の流れが停止し、栄養や酸素を心筋まで配達できず、筋繊維が壊滅状態になってしまう大変重い病気です。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに代わって、原則無料で受けられる定期接種になることによって、集団接種ではなく病院などの医療機関で接種してもらう個別接種の扱いに変わります。
内臓脂肪過多による肥満と診断された上で、脂質(lipid)、「血圧(blood pressure)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2〜3項目に相当する事例のことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と名付けています。
食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒が極めて強大な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と一方は毒力が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)が挙げられます。
高血圧(hypertension)が長期間継続すると、体中の血管に重い負担がかかった挙句、頭のてっぺんから足の爪先までありとあらゆる場所の血管にトラブルが起きて、合併症を招く可能性が拡大するのです。
流感とも呼ばれるインフルエンザの効果的な予防策や病院での手当といった類の原則施される対処策というものは、季節性のインフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザであっても一緒なのです。
20才代、30才代で更年期になるなら、医学的に表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という女性疾患のことを指します(日本では40才未満の女の人が閉経してしまう症状を「早期閉経」と称しています)。
メタボリック症候群とは診断されなかったとしても、内臓に脂肪が多く付きやすい型の肥満症が存在する事に縁り、数多くの生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つのスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓に存在している解毒酵素のスムーズな発生を支えているのではないかという新たな事実関係が見えてきました。

Sorry, comments are closed.